>  > ハコモノ風俗に行きたくなって

ハコモノ風俗に行きたくなって

ハコモノ風俗に久しぶりに行きたくなり、ちょっと遠出をして風俗店に行って来ました。選んだのはファッションヘルスなのですが、指名した嬢は、ルックスはなかなかなもののちょっと吹き出物があって、それをメイクで誤魔化している感じでした。写真で見たよりもヒップが桃尻という感じで、マイナスイメージはチャラって感じですね。良くも悪くも写真とは違っていたかな。部屋に入って荷物を置いたら、さも当たり前のように全裸に向かれ、挨拶もしていないのに即尺です。これぞまさしく即プレイのお手本といった感じでしたね。挨拶よりも会話よりも、いきなりプレイでご挨拶というのが良かったです。即プレイの後は洗体という名のバスルームでのプレイ。更にベッドに戻ってうつ伏せ状態にされて、また背中を中心に全身リップです。何気に乳首やジュニアを責める嬢はいても、背中をここまで刺激してくれる嬢ってあんまりいないですよね。背中への刺激がそこまでないせいか、すっごく気持ちよかったです。

扇情的で刺激的なイキかたする風俗嬢

こないだの風俗遊びのお相手は、イキっぷりがやたらと派手なお姉さんでした。こちらもついにそれに便乗して、悪ノリしてしまうカタチとなりました。ウブな反応を返してくれる風俗嬢も悪くはないですが、それこそ派手すぎる反応を返されると、こちらも没頭せずにはいられません。目隠していやらしいことされるってのは、痴女相手のプレイだとあったりしますが、逆に目隠ししてもらって、それを攻めまくるというプレイをさせてもらいました。最初はそういうつもりはなかったんですけど、相手の嬢に合わせてより楽しませてもらえるように急遽変更、というわけです。デリヘル嬢の人なんで、ホテルの一室でのプレイでした。店舗でのプレイだともしかしたら、約束した内容と違う、と何やらゴネられていたかもしれません。で、どうイキっぷりが派手かというと、ガクガクと痙攣させながら体を浮かせる、というものでした。扇情的で刺激的なポーズをするわけです。ついつい1度だけでなく、もう一度見たくなる、ということになってしまいました。気付いてみたら時間も終わりに近づき、混浴してお別れとなりました。ついには抜いてもらう時間は取れませんでしたが、満足できたことには変わりありません。

[ 2016-06-09 ]

カテゴリ: 風俗体験談